コンフェッティの世界ロゴ

コンフェッティの世界オフィシャルwebサイト

Confetti -コンフェッティ

おなかに縫い目とトレードマークのお☆さまのアップリケをもったクマさんのぬいぐるみ。 楽しいことと美味しいことが大好きなコンフェッティ。お月さまから不思議なチカラをもらい、お気に入りの魔法のステッキを使って、まずは自分のためにエイっ♪。 そのあとでしっかりと、みんなのハッピーを届けてくれます。 とってもイイ子というわけではないけれど、ワルイ子じゃない。 いつもすっとぼけた様な表情をしているけれども、ココロの中ではあれこれと楽しいことや美味しいことの想像を膨らませて一人でワクワクした気分に胸を躍らせてみたり。。。 そんなクマさんのぬいぐるみなんです。

“コンフェッティ”って知ってる?
結婚式で花嫁さんから配られるアーモンドに砂糖シロップのコーティングをした淡い色合いの甘~いお菓子のドラジェを、イタリア語で“コンフェッティ”といいます。手にした人には幸福が訪れるっていう言い伝えがあるんです。

Semifreddo -セミフレッド

キレイイロのトリさんセミフレッド。彩りキラキラなものが大好き。 キレイ色を見つけると、ついつい引き寄せられちゃう。 王冠をつけている自分がお気に入り♪

イタリア生まれのデザート“セミフレッド”
イタリア生まれの半解凍状態のデザート「セミフレッド」の中にはカラフルなドライフルーツやナッツがたくさん入っています。

Bruschetta -ブルスケッタ

気のやさしい好奇心旺盛なロバさん。イタリア料理のブルスケッタにはパンに美味しいものがのっています。 こちらのロバのブルスケッタにはキレイなお花がのっています。 大好きなお花を見つけると背中にのせて満足な気分に。つんだお花はみんなにもわけてあげたくなります。 きれいなお花を見つけて、甘ーい香りをクンクンしているときがブルスケッタのとってもお気に入りな時間♪

イタリアの郷土料理“ブルスケッタ”
小腹が空いたら薄切りにしたバケットをオーブンに入れて、温まるのも待ちきれずに、生ハム、トマト、オリーブ、チーズなど美味しいものをなんでもトッピング♪

Emilie -エミリー(コンベルサシオン)

猫のエミリー☆エミリーの本当の名前はフランス菓子にもあるConversation(コンベルサシオン)。 でもエミリーっていう名前が気に入っているから自分でもみんなもそう呼んでいます。 なぜ名前がエミリーかって?それはお菓子の名前の由来の話に出てくる小説『Emilieの会話』から。 Emilieはのほほん奔放で繊細でちょっと人見知り。お菓子とワインが大好き。この二つはみんなと仲良くなれるひみつのお守り。

フランスの焼き菓子“コンベルサシオン”
フランスの伝統的な焼き菓子“コンベルベシオン”は、食べるときのカリカリっ、サクサクっていう音が女の子のおしゃべりに似ているって言われています。

Calisson -カリソン

恥ずかしがりやさんのうさぎのカリソン。いつもまずは隠れてみる・・・けど、あの長いお耳が隠れてないよ、みんなにいつも見えてるよ。 ちょこっとしたいたずらが好き。いつも何かをしでかしそうなカリソン。でも、お友達はいっぱいいるよ。

フランスの伝統菓子“カリソン”
フランスの伝統的な焼き菓子のカリソンは、アーモンドと砂糖漬けの果物をペースト状に混ぜ合わせて作る焼き菓子で、作る手間がかかるうえにとても味が繊細。シアワセのお菓子と言われていて、名前の由来は、やさしいキスを意味するカランから来ているとも言われています。

page top